よしざわけいこのホームページへ! CLICK!! よしざわけいこのホームページへ!
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

いないいないばあっ! ワンワンのどうよう
イラスト よしざわ けいこ



魔女バジルと魔法のつえ
茂市 久美子 (作)
よしざわ けいこ (絵)


おひさまやのたんぽぽスプレー
茂市 久美子 (作)
よしざわ けいこ (絵)


おひさまやのおへんじシール
茂市 久美子 (作)
よしざわ けいこ (絵)


ひにとびこんだうさぎ
<西本 鶏介 (著)
よしざわ けいこ (イラスト)


あいしてくれてありがとう
越水 利江子 (著)
よしざわ けいこ (イラスト)


なみだあめ
みおちづる 作 よしざわけいこ 絵
岩崎書店


ライオンはそよかぜのなかで
Amazon.co.jp
「ライオンはそのよかぜのなかで」 
作・絵 よしざわけいこ

ねこのジュピター

「ねこのジュピター」
Amazon.co.jp
茂市 久美子  著  よしざわ けいこ 絵

ウクレレ

最近心奪われているのがこの素朴なウクレレ。
名をポロンちゃんと言いますが性別は不明。
KAMAKAの一昔前のウクレレでとても軽く、
弦高を低めにしてあるから初心者の私にはいい感じ。
弾けないのに、ハワイアンやらないのに、ウクレレ自体が好き。
それは職人さんの手作りだから。
見た目は、もちろん1本1本が違うし、
音色は、使われる木の種類でも違い、同メーカー同サイズでも個体差がある。

 

KAMAKAでは1955年から聴覚に障害のある職人さんがいて、
ウクレレの弦の音を聞くことは出来ないけれど、
胴体の部分を指ではじいて
その振動から良し悪しを確認する事が出来るとか。
音が聞こえることに引けをとらない研ぎ澄まされた感覚があるのでしょう。
一時期は従業員の3分の2の方が
聴覚やその他の障害を持っていたそうです。
私も耳に少し不具合があるので、近親感を感じます。
中でも腕の良い2人の聴覚障害の職人さんが工房にいらした時期と、
このウクレレの作られた時期が重なるので、
もしかしたらこれもその方々が出来ばえを確かめたのかもしれないな、と思うと、
いっそうポロンちゃんが愛しく思えます。

ukulele(弦はいろいろ試し中なので、決まったら切りそろえます。)