よしざわけいこのホームページへ! CLICK!! よしざわけいこのホームページへ!
2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

いないいないばあっ! ワンワンのどうよう
イラスト よしざわ けいこ



魔女バジルと魔法のつえ
茂市 久美子 (作)
よしざわ けいこ (絵)


おひさまやのたんぽぽスプレー
茂市 久美子 (作)
よしざわ けいこ (絵)


おひさまやのおへんじシール
茂市 久美子 (作)
よしざわ けいこ (絵)


ひにとびこんだうさぎ
<西本 鶏介 (著)
よしざわ けいこ (イラスト)


あいしてくれてありがとう
越水 利江子 (著)
よしざわ けいこ (イラスト)


なみだあめ
みおちづる 作 よしざわけいこ 絵
岩崎書店


ライオンはそよかぜのなかで
Amazon.co.jp
「ライオンはそのよかぜのなかで」 
作・絵 よしざわけいこ

ねこのジュピター

「ねこのジュピター」
Amazon.co.jp
茂市 久美子  著  よしざわ けいこ 絵

「第32回アンデルセンのメルヘン大賞」授賞式

アンデルセン原画展2

第32回アンデルセンのメルヘン大賞の授賞式が 童話作家 ハンス・クリスチャン・アンデルセンの誕生日4月2日、 広島アンデルセンにて行なわれました。 一般部門1,416点 こども部門133点 あわせて1,549点の応募作品の中から、 選考委員長の童話作家・立原えりかさんと5名の選考委員による選考の結果、 以下の作品が選ばれました。

【一般部門】 ■大賞 『白鳥の空中ブランコ』 殿岡 秀秋さん(千葉県) 選考・挿絵 日端 奈奈子さん ■優秀賞 『夕焼け色の自転車』 甘利 渉さん    (東京都)   選考・挿絵 松原 健治さん 『マルカーン再就職(リサイクル)相談所』 桐谷 あきひこさん(長野県)   選考・挿絵 かみや しんさん 『おもいでは風に乗って』 竹内 佐永子さん (愛知県)   選考・挿絵 水戸岡 鋭治 さん ■入賞 『はし』          秋葉 知恵子さん(埼玉県) 『長靴をはいたお地蔵さん』 カカ さん     (北海道) 『大みそかのアカリ座』   小林 弘尚さん (広島県) 『ピンクのヘビ』      竹田 まどかさん(東京都) 『幸せの蝶』        峰山 進さん   (広島県)

【こども部門】 ■大賞 『きらわれ者のカラスだけど・・・』 遠藤 萌花さん (福島県) 挿絵・選考 よしざわ けいこ

■入賞 『かわいい赤ちゃんが生まれたよ』 上岡 円嘉さん(高知県) 『音楽を知らない電波塔』     松田 華奈さん(山口県)

第32回の大賞・優秀賞に選ばれた作品に、 選考委員を務めたイラストレーターが描いた素敵な挿絵がついて、 「第32集 アンデルセンのメルヘン文庫」としてこの秋(10月)刊行されます。 写真は授賞式後に広島アンデルセン3Fで開かれた、原画展です。 そのほか、詳しくはアンデルセンのHPをご覧ください。 http://www.andersen.co.jp/information/2015/post-21098.html

 

 

. . . → Read More: 「第32回アンデルセンのメルヘン大賞」授賞式

NHK DVD いないいないばあっ!わんわんのどうよう

1978796_742825535803875_7419806109006824287_n

<DVD>いないいないばあっ!「わんわんのどうよう」 12月3日発売です。 歌い継がれている童謡38曲のアニメーションが収録され、 わんわん、うーたん、ゆうなちゃんのコーナーも織り込まれているので、 小さなおともだちも飽きずに観る事ができるのではないでしょうか。 14ページの小冊子にはすべての歌詞が入っています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4年間かけて作った38作品のアニメーションがDVDになりました! 童謡アニメの制作が始まってからの4年間、 思えばいろいろなことがありました。 なかでもリニューアル番組が始まる直前に起きた東日本大震災は本当に大変な出来事でした。 あのような状況の中でしたが、小さな子供たちが番組を見て喜んでくれたらと、 みんなで一生懸命作りました。 当時、 「辛いニュースばかりの中で、『いないいないばあっ!』の放送が始まり日常が少しだけ戻ったようでほっとした。」 という声をいただいたことを思い出します。

これからも童謡アニメの放送は続きますが、 こうして4年分の作品をひとつの形にまとめていただくことができて、 感謝の気持ちでいっぱいです。

「NHK DVD いないいないばあっ!わんわんのどうよう」 2014年12月3日発売 定価3456円

「第32回アンデルセンのメルヘン大賞」募集

10252049_710621572357605_596897935475280158_n

「第32回アンデルセンのメルヘン大賞」の募集が始まりました。

今回、その選考委員に加えていただくことになりました。

主催はご存知の方も多いと思いますが、ベーカリー・アンデルセン。

選考委員長の立原えりかさんのもと、5人のイラストレーターが選考に加わり、 選ばれた5作品にイラストを描いて、 「第32回アンデルセンのメルヘン文庫」として刊行します。 なんと、各部門の大賞受賞者の方にはペアでデンマーク旅行が!

どんな作品が集まるのか、そしてどんな物語に挿絵を描かせていただけるのか、 楽しみでちょっとドキドキしています。

----------------- (HPより) 1983年に、童話作家 アンデルセンのようにお客様と「童話」を通じて夢と感動を分かち合いたいと、「アンデルセンのメルヘン大賞」を創設。26回を迎えた2008年の活動からは、同賞がさらにこどもたちが本を読むことや創造することに興味を持つきっかけになることを願い、小学校6年生以下のお子さまを対象にした「こども部門」を新設しました。 この「アンデルセンのメルヘン大賞」の活動を通じて、これからももっと皆様と、温かい輪を広げていきたいと願っています。

「一般部門」(中学生以上) 「こども部門」(小学校6年生まで) 応募受付は2014年10月1日~2015年1月10日です。 店舗においてあるリーフレットまたはHPから、募集要項をご確認ください。

募集要項 http://www.andersen.co.jp/mlhn/application.html アンデルセンHP http://www.andersen.co.jp/

 

毎日新聞・6月連載「七魔が山の魔女と闇の魔女」

001

6月1日から、毎日新聞関西版で、 シリーズ4作目の「七魔が山の魔女と闇の魔女」の連載が始まりました。 茂市久美子さんの童話に私が挿絵を描かせていただいています。 毎日掲載され、全29回です。

今回のお話は、茂市さんが水晶には右水晶と左水晶があることを知って、そこからヒントを得たそうです。 様々な経験を経て生長していくバジルを通して、 私もイラストを描きながら、 未知の魔女の世界へ少しずつ踏み入っていくような楽しさをを感じています。

※毎日新聞webページを観るには無料登録が必要です。

↓クリックしてご覧ください

第一話 http://mainichi.jp/area/news/20140601ddn018070055000c.html ウェブ告知ページ http://mainichi.jp/corporate/news/20140529ddn018040060000c.html アーカイブページ(ここから入ると順番に読めます。) http://mainichi.jp/feature/yonde/archive/

チャリティーこけしカレンダー

1901152_604181203001643_250205701_n

3月11日の昨日は、 社団法人日本児童出版美術家連盟の総会と懇親会がありました。 会の1年間の活動報告、そして各出版社の編集部の皆様との親睦会です。 会議の途中、14時45分に、 東日本大震災で犠牲になられた多くの方々とたくさんの命に黙祷を捧げました。 3年前のあの日から、日本は大きく変わりました。 そして大切なものを失いかけているように思えてなりません。 今の大人の自分本位やその場限しのぎの決断によって、 未来を引き継いで行くこどもたちに苦しみや悲しみを残すことになってはいけない。 やけになったりあきらめたりしないで、 粘り強く向き合わなくてはいけないのだと思います。

3月19日からの「こどもの本の画家たち展2」で販売する、 チャリティーこけしカレンダーが出来ました。 今回の展覧会で展示販売されるこけしたちがずらりと並んだ大きなカレンダー。 折り曲げて飾れるように、レイアウトを工夫してあります。