よしざわけいこのホームページへ! CLICK!! よしざわけいこのホームページへ!
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

いないいないばあっ! ワンワンのどうよう
イラスト よしざわ けいこ



魔女バジルと魔法のつえ
茂市 久美子 (作)
よしざわ けいこ (絵)


おひさまやのたんぽぽスプレー
茂市 久美子 (作)
よしざわ けいこ (絵)


おひさまやのおへんじシール
茂市 久美子 (作)
よしざわ けいこ (絵)


ひにとびこんだうさぎ
<西本 鶏介 (著)
よしざわ けいこ (イラスト)


あいしてくれてありがとう
越水 利江子 (著)
よしざわ けいこ (イラスト)


なみだあめ
みおちづる 作 よしざわけいこ 絵
岩崎書店


ライオンはそよかぜのなかで
Amazon.co.jp
「ライオンはそのよかぜのなかで」 
作・絵 よしざわけいこ

ねこのジュピター

「ねこのジュピター」
Amazon.co.jp
茂市 久美子  著  よしざわ けいこ 絵

内田守ガラス展

10417635_649646265121803_1235004750810997432_n

大学の同級生の内田守さんの展覧会に行ってきました。 内田守さんは、フィリグラーナ(レースガラス)技法を使った作品作りをしてる屈指のガラス作家さんで、 日本では彼しかできない技術も持っています。 気さくでカッコイイお兄さん(?)。 多摩美のガラス科の一期生です。会場に並べられた数々の作品、それはもうほんっとうに美しいのです! ひとつひとつ色や形が違うので、迷いに迷って選んだのはこのグラス。 「これで牛乳のむといいよ」 と守さん。 、、、すごい贅沢。 でもきっときれいよね。 実用に使える芸術作品て、心を満たしてくれる。 この技術を手中に入れるには長い時がかかったとのこと。 作品にはそんな守さんの歴史や思い、 そして制作のお手伝いをしていらっしゃる奥様の愛や尊敬も込められているのでしょう。 銀座のギャラリー田中にて、会期は6月14日まで。 日曜日はお休みです。 内田守さんは12・13・14日の3日間、在廊されています。 . . . → Read More: 内田守ガラス展

篠崎三朗個展「BIRDS & FACES」

shinozaki

4月15日(月)〜27日(土) 篠崎三朗個展「BIRDS & FACES」

GALLERY HOUSE MAYA

 

 

昨日はギャラリーMAYAで行われている篠崎三朗さんの個展に行って来ました。 篠崎さんは今年76歳の驚くほど精力的に絵を描き続けている絵本作家さん。 イラストやデザインのお仕事をずっとしていらして、 絵本を書き始めたのは50歳ぐらいからだとか。 何年か前に、篠崎さんのお宅にお邪魔したときに、 段ボール箱いっぱいの葉書サイズのキャンバスが入っていました。 もうすでに沢山の女性の顔が描かれていて、 時間を見ては楽しく描いているとのこと。 その作品たちが今回の個展会場に並んでいたので、なんだか感激してしまいました。

 

ギャラリーMAYAの地下にある別室には、 篠崎さんが絵本を始める前の作品や、「とらのこウーちゃん」の原画などが展示されています。 そして凄いのは、これまでの仕事のファイルと、 絵本製作のためのスケッチや資料やダミーのスクラップブック、 旅先でのスケッチブックもすべて手にとって拝見できます。 「自分を上げる(モチベーション)ためにね、こういうふうにいろいろやってるのよ。」 惜しげもなく手の内を大公開してしまう気前のよい篠崎さん。 とても勉強になりました!

. . . → Read More: 篠崎三朗個展「BIRDS & FACES」

「ファンファンおばけやしき」はんだみちこさん

  はんだみちこさんから絵本をいただきました。   『ファンファンおばけやしき』 作・絵/はんだみちこ キンダーメルヘン8月号   めだまおばけの落し物を拾ったもんちゃんが、 めだまおばけを追いかけていくと、 いつのまにかおばけの世界に・・・。   迷路、着せ替え、クイズ、シールなど、 楽しい仕掛けが沢山つまっていて、 不思議でかわいくてちょっと恐い『はんだワールド』が これでもかというほど楽しめる作品です。   子供たちがボロボロになるまで楽しんでくれそうな絵本だなー。  

「へんしんねこ」星野イクミさん

友人の星野イクミさんから絵本が届きました。 『へんしんねこ』 (こどものくに チューリップ版 5月号、鈴木出版) http://www.suzuki-syuppan.co.jp/script/detail.php?id=1041023066   ある日、体がびよーんと長く伸びてしまったネコのお話です。 伸びたネコははじめは困っていたんだけれど、 意外とみんなの役に立って、みんなに愛されて、とても幸せそう。 ユーモラスな絵柄が楽しくて、あったかい気持になる絵本です。 星野さんはコメント欄に、 「世界中でたった一人の自分を好きになったら、強い気持ちが持てる。 そしていろんな事が楽しくなりそう。」 と結んでいます。 星野さんはイラストレーターとして幅広く活躍していますが、 創作絵本が出版されるのは初めてとのこと。 星野さん、おめでとうございます!    

クルトンさんとベルガモットマーマレード

友人が自家製マーマレードを3瓶送ってくれました。 どれもすばらしい香りでとても美味しく、 中でも珍しいのは使用果実はベルガモット100%という一品。 ベルガモットの名はハーブにもあるけれど、 これは柑橘系のベルガモットの実をジャムにしたもの。 実は苦味や香りの強さから、そのままでは食べられたものじゃないそうだけど、 皮を薄くスライスして紅茶に浮かべたり、料理や御菓子作りに使うなど、 工夫すると幅広く楽しめそう。 友人はマーマレード作りだけでなく、お酒に漬けたり調味料を作ったりとあれこれ研究中だそうで、 これからもどんな美味しいものを編み出すのか楽しみです。 ちなみにモノクロのポストカードも氏の作品。     そして、このジャム職人の奥様が絵本作家の宮島千夏さん。 この2月に新しい絵本が福音館書店から出版されました。 『クルトンさんとはるのどうぶつたち』です。 パン屋のクルトンさんは、春になったら山の動物たちに美味しいパンをご馳走する約束をしていました。 たくさんの動物たちと様々な楽器の形をしたパンたち。 どのページをめくっても楽しくにぎやかで、背景には木々や草花が美しく描かれています。 見ていると一緒にパンをご馳走になりたくなりますよ! 書店販売期間を過ぎてしまいましたが、電話注文で購入することが出来ます。 ■福音館書店MO係TEL03-3262-1642 宮島ひろしさん&宮島千夏さんのHPはこちら STUDIO Zukoo http://www2.gol.com/users/harihari/index.html